Skip to content

川島 永嗣 日本代表の正ゴールキーパーをご紹介

20170328140853

川島 永嗣(かわしま えいじ、1983年3月20日 – )は、埼玉県与野市(現さいたま市中央区)出身のサッカー選手。リーグ・アンのFCメス所属。日本代表。ポジションはゴールキーパー。

彼はベルギーリーグ1部スタンダール・リエージュから去った後、スコットランドのダンディー・ユナイテッドへ移籍。さらにその後、フランスのFCメスに移籍した。

毎年のような頻繁な移籍が、いったいどのような理由によるものなのか、疑問を抱く方も多いかと思う。

確かに、彼は大勢のチームに参加しました。学生時代で大宮アルディージャへ加入しまして。その後、イタリア・セリエAのクラブへ留学し、若手選手たちが出場する「ヴィニョーラ・トーナメント」に参加。チームは優勝を果たし、川島自身はベストゴールキーパーに選出された。

2004年、複数舞い込んだ移籍話の中から、名古屋グランパスエイトに移籍。しかし、当時の色々原因で、アテネオリンピックの代表メンバーからは外れた。

移籍後はカップ戦など出場機会が少なくてしまいまして、2006年にセフ・フェルホーセン新監督のもと新たなスタートを切った名古屋において、2005年終盤に負傷した楢崎に代わって先発出場。

2006シーズン以後、2007シーズンに川崎フロンターレに完全移籍した。250px-eiji_kawashima_press_conference

2010年7月7日、ベルギー・ジュピラーリーグに昇格したばかりのリールセSKへ2年契約で完全移籍した[2]。12月には彩の国功労賞を受賞。

2012年7月17日、ジュピラーリーグ4位(リールセは12位)のスタンダール・リエージュと3年契約を結び、同クラブへの完全移籍が発表された。2012-13シーズンは移籍1年目ながらリーグ戦全試合にフル出場した。

2015年6月にタンダール・リエージュを退団後は長い時間は無所属だ。2016年には代表複帰を果たした。

2016年8月、リーグ・アンのFCメスへ移籍が発表された。

 

川島 永嗣は日本代表のゴールキーパとして、ずっと頑張っています。日本代表ユニフォームの購入を大歓迎。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です