Skip to content

日本代表の監督ヴァヒド・ハリルホジッチについて

20150309_haril_gettyヴァヒド・ハリルホジッチ(Vahid Halilhodžić, 1952年10月15日 – )は、ユーゴスラビア(現・ボスニア・ヘルツェゴビナ)出身の元・サッカー選手、サッカー指導者(現・フランス国籍)である。名字の由来は「親友(ハリル)」「指導者の子孫(ホジッチ)」。

彼はボスニア・ヘルツェゴビナ出身のサッカー指導者。アルジェリア代表監督としてチームを率い、2014年ブラジルワールドカップでは16強に進出させている。

ワールドカップ後にトルコ・スュペル・リグのトラブゾンスポルに復帰したが、2014年11月にクラブと双方合意の下、契約解除した。2015年3月12日、日本サッカー協会の要請を受諾して日本代表監督に就任。

日本代表監督就任から3ヶ月程度は帰国なしで国内組視察を行う。本田圭佑や香川真司はハリルホジッチについて「覚えてない。印象も全然ない」「イメージがない」などと述べているが、岡崎慎司は「印象に残っていたチームを率いていた監督が日本に来る。すごい偶然」と好印象を語った。

チームの全責任は監督にあるという信念を持ち、日本滞在時は日本サッカー協会に常駐する、記者会見などではより多くの質問に答えようとするなど、積極的にスタッフやメディアとの交流を持とうとしている。一方、合宿中の選手取材に対しては従来よりも厳しい規制をかけた。

こんな優先な監督として、ヴァヒド・ハリルホジッチは日本代表の試合を頑張っている。

サッカー日本代表 ユニフォームの背中には、彼の名前でもマーキングできたら、素晴らしいだろうか。

 

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です