Skip to content

長友佑都は「いらない」と言われた

2016-11-15-japan-nagatomo_13jc692f3dtih1ak0acs1jirr2

サッカー日本代表DFの長友佑都選手は今年の1月29日で、タレントの平愛梨と婚姻届を提出したことをそれぞれのブログとツイッターで報告しました。

同時にその二人のブログで「家族となりました!」「入籍しました。山あり谷ありの人生。感謝を忘れず、一瞬一瞬を胸に刻みながら、2人支え合って歩んでいきたいと思います」と誓っていました。それは大変喜んでいますね。

そのあとで、6/24日に都内のホテルで結婚披露宴を開くことが明らかになりました。長友佑都ファンたちも楽しています。

彼らは現在長友がプレーするイタリアに住んでいるため、海外で挙式を開くのではないかとされてきたが、国内で開くことに決めたようだ。式には関係者300人ぐらいを招待する予定だという。

これに対して、「また二人のラブラブアピールを見せ付けられるのか」と拒否反応が出ています。今では二人を「バカップル日本代表だ」といる声まであります。

この中でサッカーファンたちの反応は特に厳しいです。長友が所属するインテルでレギュラーの座を失っていて、2017年になってからリーグ戦で出場した試合はわずかに2試合だけです。日本代表としてタイ戦ではペナルティエリア内でクリアしようとして空振りし、ボールを奪おうとして相手選手にタックルしPKを献上してしまいました。

日本代表の中で、ファンたちはいらないのは長友だと言われていました。

なんでこういうことになってしまいましたか、これはw杯最終予選は佳境になりますが、ロシアw杯出場を掴むために本調子の長友が欠かせません。

長友佑都は負面影響を跳ね返すことが出来るかどうかは関心しています。

一緒に彼を応援しよう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です