Skip to content

香川真司選手は神戸地元を紹介する

kagawa

香川真司は日本代表選手としていつも活躍しています。彼はもちろん日本代表チームでプレーしています。2012年から2013年にかけて行われたブラジルワールドカップアジア最終予選では、2得点を記録し、日本のブラジルワールドカップ出場に大きく貢献しました。しかし、ブラジルワールドカップ本戦では1得点もできず、スポーツに関心のある国民の期待に応える事は出来ませんでした。

SINSHEIM, GERMANY - SEPTEMBER 23: Shinji Kagawa of Dortmund in action during the Bundesliga match between 1899 Hoffenheim and Borussia Dortmund at Wirsol Rhein-Neckar-Arena on September 23, 2015 in Sinsheim, Germany. (Photo by Alexander Scheuber/Bongarts/Getty Images)彼が日本代表選手だけではなく、ドイツのドルトムントに所属しています。来季からJリーグでプレーするルーカス・ポドルスキに地元を紹介しています。ドイツ雑誌「シュポルト・ビルト」が伝えました。

神戸は香川の故郷でもあり、ドルトムントで活躍する日本人プレーメーカーは「きっと気に入るはず」と話、以下のように続けています。

「神戸は僕の地元ですけど、海も山もあって、とても良いところです。住むには良いところだと思います。六甲山からの夜景はとても美しいですし、気に入ると思いますよ。文化的なことを学ぶのもいいアイディアですね。いいカフェも多いですし、家族で過ごすには最適です」

また、「ルーカスのような世界的に有名な代表選手がJリーグでプレーするというのは、多くの子どもたちに夢を与えると思う」と話し、ポドルスキの日本入りを喜んでいます。

香川真司はサッカー日本代表で、日本だけではなく、海外でも大人気を持っています。次は彼の評価をまとめています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です