Skip to content

タグ: ユニフォーム

日本代表 ユニフォーム 2018子供用通販します!

2017年11月6日に、日本サッカー協会(JFA)は2018ロシアワールドカップ試合に向けた新ユニフォームを発表されました。日本の伝統色である濃いブルー色を意味する”勝色”をコンセプトに革新されたデザインですが、その特徴的な“刺し子柄”に注目が集まっています。

今、子供用ユニフォームも購入できます。

日本代表 ユニフォーム2018子供用 ホーム 半袖  レプリカ 商品詳細

マーキングjfa-2018-uniform

背部番号、ネームプレートがマーキングできます。

メーカーカラー

濃いブルー

ユニフォーム

新ユニフォームは日本伝統色で濃いブルー色を採用して、勝利への魂で染め上げた『勝色』をベースカラーに、ストライプデザインです。

左胸にJFAマークを刺繍して、右胸にスポンサーアディダスロゴもつけて、全身のストライプに2018年モデルではブルーとホワイトを使用しています。Vネックにチッピングのディテール、後ろ襟内側に日本国旗をつけています。

肩にはアディダスのロゴ・三本線をつけてます。

【パンツ】

ウエストにはゴム入り、調節用のヒモが付きます。

ポケットはないです。

日本サッカー協会(JFA)のマークは刺繍します。

【機能】

直接に皮膚と接触することができる素材を採用して、優れている吸汗速乾性能。熱を逃し涼しさをキープ。吸汗機能によりベたつかず快適性を提供します。

素材

ポリエステル100%

インポートサイズ

■XXSサイズ(16):身長90-100cm、胸囲34cm、着丈43cm、ウエスト24-34cm、ズボン長さ29cm、体重15-17.5kg

■XSサイズ(18):身長100-110cm、胸囲36cm、着丈47cm、ウエスト25-36cm、ズボン長さ31cm、体重17.5-20kg

■Sサイズ(20):身長110-120cm、胸囲38cm、着丈50cm、ウエスト26-38cm、ズボン長さ33cm、体重20-22.5kg

■Mサイズ(22):身長120-130cm、胸囲40cm、着丈53cm、ウエスト27-40cm、ズボン長さ35cm、体重22.5-27.5kg

■Lサイズ(24):身長130-140cm、胸囲42cm、着丈56cm、ウエスト28-42cm、ズボン長さ37cm、体重27.5-30kg

■XLサイズ(26):身長140-150cm、胸囲44cm、着丈58cm、ウエスト29-44cm、ズボン長さ39cm、体重30-35kg

■XXLサイズ(28):身長150-155cm、胸囲46cm、着丈60cm、ウエスト30-46cm、ズボン長さ41cm、体重35-37.5kg

*広げた状態でのおおよそのサイズです(ご参考までに)。

Leave a Comment

日本代表 2018 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ 登場した!!

日本代表 ユニフォーム 2018 通販。

日本代表について:

サッカー日本代表は2017年8月31日、アジア最終予選のオーストラリアに勝利し、6大会連続6度目の本大会出場が決定しました。オーストラリアにワールドカップ予選において勝利するのはこれが初となりました。2017年11月、日本代表は協会エンブレムを変更したあと、アディダスが2018シーズン日本代表ホームユニフォームを発表しました。

デザインについて:

日本代表 2018 ユニフォーム ホーム 半袖のテーマは「勝色」となります。伝統的な藍染めとジャパンブルーの原点に立ち返ることで日本の勝利をイメージ。デザインには歴史を防ぐ糸をイメージした「刺し子柄」を採用しました。初出場から20周年を迎えた節目の年を迎え、これまでの歴史を築いてきたあらゆる選手、スタッフ、サポーターの思いを防ぐ、ロシア大会へ挑むというメッセージを込めています。首元vネック部には、侍の着物の前合わせ部分をイメージした形状に、日の丸の赤を表現した「VICTORYRED(ビクトリーレッド)」カラーを採用しました。首元の内側には、過去5大会分のユニフォームの象徴的なデザインを組み合わせたロゴを配置して、過去20年で積み重ねてきた歴史や経験を背負い、勝利をもぎ取る強い意志を表現しています。

テクノロジーについて:

Climachill

通販について:

レプリカ価格:¥4,584円

URL:

https://jleagueuniform.com/japan-2018-uniform-home.html

jfa-uniform-home-2018 jfa-uniform-home-2018-1

Leave a Comment

日本代表 2017 メモリアル ユニフォーム 半袖 格安通販

1998 FIFAワールドカップ・アジア予選はプレーオフでイランを破り初めてのW杯出場権を獲得しました。すなわち、ジョホールバルの歓喜と呼ばれました。以下のユニフォームは日本代表 2017 メモリアル ユニフォームで、1997年11月16日にマレーシア・ジョホールバルで行われたFIFAワールドカップ初出場を決めた試合で日本代表が着用したユニフォームから進化させたものです。

1_15_7 f171ad0422_2

【メーカーカラー】
ジャパンブルー

【特徴】
・袖にあしらったアイコニックな炎のデザインと襟元のジャパンレッドのデザインは、サッカー日本代表の情熱と世界の舞台で躍動する姿を表しております。
・胴体脇には、アディダスの象徴的デザインのスリーストライプスをプリントし、現代のリニューアルを遂げました。
・メーカーロゴは刺繍です。
・エンブレムは織りワッペン縫い付けます。
・クルーネックデザインを採用します。
・素材には吸汗速乾性に優れた素材を使用します。

今すぐ注文する

Leave a Comment

日本代表の監督ヴァヒド・ハリルホジッチについて

20150309_haril_gettyヴァヒド・ハリルホジッチ(Vahid Halilhodžić, 1952年10月15日 – )は、ユーゴスラビア(現・ボスニア・ヘルツェゴビナ)出身の元・サッカー選手、サッカー指導者(現・フランス国籍)である。名字の由来は「親友(ハリル)」「指導者の子孫(ホジッチ)」。

彼はボスニア・ヘルツェゴビナ出身のサッカー指導者。アルジェリア代表監督としてチームを率い、2014年ブラジルワールドカップでは16強に進出させている。

ワールドカップ後にトルコ・スュペル・リグのトラブゾンスポルに復帰したが、2014年11月にクラブと双方合意の下、契約解除した。2015年3月12日、日本サッカー協会の要請を受諾して日本代表監督に就任。

日本代表監督就任から3ヶ月程度は帰国なしで国内組視察を行う。本田圭佑や香川真司はハリルホジッチについて「覚えてない。印象も全然ない」「イメージがない」などと述べているが、岡崎慎司は「印象に残っていたチームを率いていた監督が日本に来る。すごい偶然」と好印象を語った。

チームの全責任は監督にあるという信念を持ち、日本滞在時は日本サッカー協会に常駐する、記者会見などではより多くの質問に答えようとするなど、積極的にスタッフやメディアとの交流を持とうとしている。一方、合宿中の選手取材に対しては従来よりも厳しい規制をかけた。

こんな優先な監督として、ヴァヒド・ハリルホジッチは日本代表の試合を頑張っている。

サッカー日本代表 ユニフォームの背中には、彼の名前でもマーキングできたら、素晴らしいだろうか。

 

Leave a Comment